新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

当院は呼吸器感染症状に関しては専門外となるため現在診療を行っておらず、他医療機関を受診していただいています。周囲の感染流行具合をみながら、消化器肛門疾患に関して十分な感染対策を行ったうえで診療を行います。また、花粉症など少しでも咳症状がある場合はかならずマスク着用のうえご来院ください。

一人ひとりが注意することで感染の伝播を極力少なくできると考え、現在以下の取りくみをしています。

①入り口での手指アルコール消毒
アルコールで皮膚がかぶれる方は次亜塩素酸水を用意していますのでお声掛けください。

②外来受診時の感染症状チェック
受付窓口で発熱や感冒症状の有無を問診します。

③定期的な換気と消毒
始業開始前と終了後、昼休みに換気と院内の消毒(椅子、ドアノブなど)を行っています。

④お見舞いの制限
入院病棟へのお見舞いを制限しています。

⑤咽頭反射を伴う経口上部消化管内視鏡検査の中止
検査の必要な方へはマスク着用のうえ全例経鼻での検査としています。

⑥他手術や検査等について
周囲の感染状況をみながら通常通り行っています。
今後状況を見て手術や大腸内視鏡検査等も制限する可能性がありますのでご心配な方は早めに受診をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です